海外面白エピソード

Yes or No?! (ベルギー)

投稿日:

「日本人は曖昧ではっきりものを言わない」と良く言われます。

今回は白黒ハッキリさせないと気が済まないベルギーのカフェ店員さんのお話です。

ベルギーの首都ブリュッセルには Le Grand と呼ばれる広場があり、色々なショップやカフェで賑わっています。下の写真は Le Grand で絵を描いていた人から買ったものですが、こんな雰囲気です。いかにもヨーロッパって感じのいい雰囲気でしょ?

近くには残念スポットとして有名な「小便小僧」の像があります。行って見ましたが、確かに「ああ・・・うん。」と言う感想です。

この日は休日だったので、柄にもなくオシャレなオープンカフェに入り、昼間からビール飲んでいました。ベルギービール最高です!

少し離れたテーブルに日本人の大学生くらいの女の子二人組がいました。しばらくすると、不愛想なおじさんがオーダーを取りに来ます。女の子たちはコーヒーか何か頼んだらしいです。すると、そのおじさんは

「シュガーは入れるか?」

と質問しました。

女の子たちは少し考えてから

「A little (少し)

って答えました。そうしたらそのおじさん、ものすごく不機嫌そうに大声で

Yes or No!」

って聞き返しました。何もそんなムキにならなくても・・・

女の子たちは勢いに押されて

「Yes・・・」

って答えてました。

「日本人は曖昧ではっきりものを言わない」と良く言われますが、コーヒーにシュガー入れるかどうかでそんなムキにならなくてもいいんじゃない?

ちなみにヨーロッパでは有名ですが日本人の言葉を訳するとこうなります。

難しい = No
帰って上司と相談します = No

日本人同士では、面と向かって断ることに対する配慮ですが、海外ではそう言うニュアンスは伝わりません。日本と商売をしている人は理解していますが、そうで無い人にとってはとても奇妙に思えるそうです。

「はっきりNo って言えばいいのにな。お互い手間が省けるのに」

とお客さんから言われたことはあります。

文化や考え方の違いなので、どちらが良い・悪いと言う話ではありませんが、こう言う事もあるよ、って覚えておいて損はないと思います。

-海外面白エピソード
-, ,

Copyright© 海外営業 x 英語 BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.